全国アスベスト適正処理協議会

トップページ >> 協議会のご案内 >> 会則

会則

(名 称)
第一条  

本会は、「全国アスベスト適正処理協議会(以下「本協議会」という)」と称する。

 
(目 的)
第二条  

本協議会は、アスベストの適正処理をするための認定資格制度の創設や、アスベストに関する調査・研究を行い、ディファクトスタンダード(事実上の標準)の確立を目指し、また、会員相互の連携・協力を図り、安全・安心な社会構築を目的とする。

 
(事 業)
第三条  

本協議会の目的を達成するため、次の事業を行う。

  (1) アスベストの現状把握と適正処理推進の普及啓発活動
  (2) アスベストの適正処理を推進するための認定資格制度の創設
  (3) アスベストの測定・分析に関する事業
  (4) アスベスト除去・処理の研究開発、普及事業
  (5) アスベスト無害化システムの研究開発、普及事業
  (6) アスベスト排出における電子マニフェストの普及事業
  (7) その他、本協議会の目的を達成するために必要な事業を行う。
 
(入 会)
第四条  

アスベストに関する業務をおこなう者は、所定の入会申込書を提出し、理事会の承認を得て、所定の会費を納入する事により正会員または賛助会員となることができる。

 
(会 員)
第五条  

本協議会の会員は、正会員(本会の目的に賛同し、アスベストに関する除去事業者、廃棄物処理事業者等)、賛助会員(アスベストに関する機器装置メーカー、分析測定機関、コンサルタント、商社等)とする。また、学識経験者、地方公共団体、公益法人は特別会員とする。

 
(会 費)
第六条  

本協議会の会費は、正会員20万円、賛助会員10万円とする。

特別会員については、会費を免除する。

 
(退 会)
第七条  

会員は、書面による退会届を会長に提出すれば退会することができる。
なお、会費を1年以上滞納した者は、退会者とみなす。

 
(除 名)
第八条  

会員が本協議会の名誉を著しく傷つけた場合、もしくは、その恐れを認め得る場合は、総会出席会員の3分の2以上の同意を得て、その会員を除籍することができる。

 
(組 織)
第九条  

本協議会は、会長、副会長、理事、監事の役員を置く。

二、  

役員任期途中において、役員に欠員が生じた場合、予め決めた者が、残余期間その任につくものとする。

 
(選 任)
第十条  

理事と監事は、総会において選出し、理事会を構成して会長、副会長を互選する。

 
(理事会)
第十一条  

必要事項は、理事会において決議する。

二、  

理事会は、会長の招集により適宜開催する。

 
(任 期)
第十二条  

役員の任期は、2年とする。ただし再任を妨げない。

 
(委員会)
第十三条  

本協議会は、その事業活動に当たって、個別事項について検討・取りまとめを行うための専門部会を設置することができる。

当面、本協議会の目的であるアスベストの適正処理するためのマニュアル作り及び標準化や認定資格制度について検討・取りまとめを行うため下記の部会を設置する。

  (1) 調査分析・コンサル部会
  (2) 施工技術部会
  (3) 廃棄物処理部会
  (4) 安全資材・機材部会
  (5) 新技術部会
 
(総 会)
第十四条  

本協議会の最高意思決定機関として総会を置き、会長は通常総会を毎年一回開催する。

二、  

総会は、理事会の決定に基づき会長が召集する。

 
(事業年度)
第十五条  

会計年度は、4月1日から翌年3月末日とする。

ただし、初年度については、6月22日から翌年3月末日とする。

 
(事務局)
第十六条  

事務局は環境新聞社内(東京都新宿区四谷3-1-3)に置く。

 
(その他)
第十七条  

この会則に定めるもののほか、本協議会の運営に必要な事項は理事会に諮り、これを定める。

 
    附則
一、本会則は、平成19年6月22日から実施する。
     

↑このページのトップへ戻る

サイトマップ アクセス プライバシーポリシー お問合わせ 全国アスベスト適正処理協議会