全国アスベスト適正処理協議会

トップページ >> トピックス

大田区の製造工場跡地土壌から大量のアスベスト
区が初の土壌入れ替え実施へ

2009/6/24

東京都大田区大森東にあるアスベスト製品製造工場跡地の土壌から、大量のアスベストが確認された。敷地全体から広範囲にわたって発見されており、クリソタイルの他発がん性が高いとされるアモサイトも見つかっている。同工場跡地は出張所や工場誘致に活用することを目的に同区が買い取っており、同区では土壌の入れ替えを計画している。しかし、工場跡地の土壌から大量のアスベストが確認され、土壌入れ替えを実施するのは国内初の事例と見られ、入れ替えの方法や入れ替え後の廃棄物処理の仕方、住民とのリスクコミュニケーションの形成など、関係者からは様々な問題が指摘されている。

(環境新聞6/24号掲載)
<< 一つ前のページへ戻る
サイトマップ アクセス プライバシーポリシー お問合わせ 全国アスベスト適正処理協議会