全国アスベスト適正処理協議会

トップページ >> トピックス

アスベスト無害化、申請第1号は三重中央開発
環境省が公表

2009/8/26

環境省はこのほど、アスベスト廃棄物の適正処理を推進するために設けた無害化認定制度の第1号の申請が、三重中央開発(三重県伊賀市)からあったことを公表した。2006年8月の制度創設から3年を経てようやく申請第1号となった。

三重中央開発の技術は、米国エネルギー省で開発されたジオメルト技術を活用してアスベスト廃棄物を無害化するもの。環境相は認定の申請があった場合には申請にかかる事項等について告示し、申請書等を告示の日から1カ月縦覧の期間を設けることとされている。17日付けで告示を行い、来月16日までを縦覧期間としている。

(環境新聞8/26号掲載)
<< 一つ前のページへ戻る
サイトマップ アクセス プライバシーポリシー お問合わせ 全国アスベスト適正処理協議会