全国アスベスト適正処理協議会

トップページ >> トピックス

石綿無害化認定、三重中央開発が第1号
2件目の申請はカムテックス

2010/1/13

環境省はこのほど、廃棄物処理法に基づく石綿無害化処理大臣認定で、三重中央開発(三重県伊賀市)を第1号として認定したと発表した。また、2件目としてカムテックス(広島県福山市)から昨年末に申請があったことも明らかにした。

今回認定を受けた三重中央開発の技術は、米国エネルギー省で開発されたジオメルト技術を活用してアスベスト廃棄物を無害化するもの。今後処理能力日量13・5t2基、合計27tの処理施設を設置し、ジオメルト法による溶融処理を実施する計画である。

(環境新聞1/13号掲載)
<< 一つ前のページへ戻る
サイトマップ アクセス プライバシーポリシー お問合わせ 全国アスベスト適正処理協議会