全国アスベスト適正処理協議会

トップページ >> トピックス

アスベスト廃棄物適正処理へ官民の動き加速
環境省が埋め立て基準で検討開始

2010/1/27

アスベスト廃棄物の適正処理促進に向け、官民の動きが加速し始めている。環境省は廃石綿の埋め立て処分に際し、現在決められている二重梱包では飛散の危険性があるのではという最終処分場周辺住民らの声を受け、廃石綿の埋め立て処分基準に関する検討会を立ち上げ、2月中旬にも検討を開始する。一方アスベスト廃棄物無害化処理では、三重中央開発が環境省の無害化大臣認定を取得、今年度中には3件ほどの申請がある見込みだが、新日鉄グループは処分業の許可を取得し、高温溶融による無害化処理を実施する体制を整えた。

(環境新聞1/27号掲載)
<< 一つ前のページへ戻る
サイトマップ アクセス プライバシーポリシー お問合わせ 全国アスベスト適正処理協議会